ナローバンドUVB療法

<ナローバンドUVBとは...>

中波長紫外線(UVB)の中から有害な波長を取り除き、治療効果の高い波長のみを抽出したものをナローバンドUVB(311±2nm)と言います。ナローバンドUVBは、ビタミンDの生成を助け、皮膚内の過剰な免疫反応を調整する働きがあります。

外用、内服療法と併用することにより、より治療効果が高まり、さらに続けることで外用量、内服量を減量することができます。

 

<有効疾患>=保険適応=

  • 尋常性白斑
  • 尋常性乾癬
  • アトピー性皮膚炎
  • 掌蹠膿疱症
  • 類乾癬
  • 菌状息肉症

<有効疾患>=保険適応外=

  • 円形脱毛症
  • 結節性痒疹
  • 扁平苔癬

 

<治療の流れ>

医師の診察にて、上記疾患の診断を受け、ナローバンドUVB治療の適応てあると判断された場合、当日より治療開始となります。

照射線量は、最小紅斑線量(照射して赤くなる線量)の半量から開始し、徐々に上げていきます。

1回の治療時間は5分から15分程度です。

1週間に2〜3回の治療を行い、1ヶ月〜3ヶ月続けます。

<治療を受けられない方>

  • 妊娠中の方
  • 免疫抑制剤による治療を受けている方
  • 光線過敏症の方