重症原発性腋窩多汗症


当院では、重症原発性腋窩多汗症の治療として、ボトックス注射療法を行っております。

当治療は、2012年より医療保険の適応となり、より身近に安心して治療を受けることが可能となりました。

多汗症や、汗の臭いでお悩みの方は、是非一度、当院にご相談ください。

 

原発性局所多汗症 ーチェック項目ー

・両側性活左右対称性に多汗がみられる。

・多汗症によって日常生活に支障が生じる

・週1回以上の頻度で多汗エピソードがみられる。

・25歳未満で発症した。

・家族(血縁)に同様の症状がある。

・睡眠時は局所性の多汗がみられない。

Hyperhidrosis Disease Severity Scale (HDSS)

1)発汗は全く気にならず、日常生活に全く支障がない。

2)発汗は我慢できるが、日常生活に時々支障がある。

3)発汗はほとんど我慢できず、日常生活に頻繁に支障がある。

4)発汗は我慢できず、日常生活に常に支障がある。

*3および4は重症多汗症と判定される。

軽症の場合、20%塩化アルミニウム液外用療法や、ミョウバン+イソプロピルメチルフェノール剤(D-tube/D-bar)などによる治療も可能です。

(*現在、イオントフォレーシス療法は行っておりません。)


手や足の汗には、コレを!

 

手の平や足のうらの多汗症は、とても悩ましいものですよね。

ぜひ一度、「Perspirex」をトライしてみてください。

 

まずは、1週間、寝る前に外用し、乾かして寝るだけ。

そのあとは、週に2〜3回寝る前に塗るだけで、驚くほど快適に過ごせるようになります。

 

お子様もお使いになれますので、お友達と手をつなぐのをためらっていたり、解答用紙のマークが滲んでしまったりと、学校生活の様々な場面でお悩みの時には、一度試してみてくださいね。